2014年工業会年頭所感 一般社団法人 日本ロボット工業会 津田純嗣氏

2014年1月8日

新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 2013年を振り返ってみますと、世界経済は、欧州の債務問題に端を発した経済不安が継続するとともに、アジアでは中国を中心に拡大テンポが鈍化するなど、全般的に停滞の1年であったといえます。 このような環境の下での13年のロボット業界は、年の前半は、特に輸出が出荷の7割近くを占める中で、最大の需要先である中国市場での回復の遅れがあったことや欧州市場が低調であったことなどの影響で受注、生産、出荷ともマイナス成長が続き、厳しい状況が見られました。しかしながら年後半より、国内外での自動車関連、さらには海外での半導体の分野等での受注が大幅に回復してきたことで、…