アンテナ一体型無線通信機 横河、12月から販売 新コスモス電機と技術ライセンス供与契約締結

2013年10月30日

横河電機は、プラントなどで使用される各種センサの開発・製造企業向けに、センサに取り付けるアンテナ一体型無線通信機の販売を12月から開始することになり、最初の提供先として、ガス検知器メーカーの新コスモス電機(重森徹志社長)と、無線技術に関するライセンス供与契約を締結した。この通信機の提供により、ISA(国際計測制御学会)が定めるフィールド無線システムの通信規格ISA100・11aに準拠した無線センサの開発期間の大幅短縮につながる。 同社では、無線通信技術をプラントのどこにでも適用できる環境を表す「Wireless Anywhere(ワイヤレス・エニウエア)」をフィールド無線システムの新たなビジネ…