温度調節器市場 上昇基調 攻勢強め中国・韓国メーカー 販売競争、一段と激化 半導体・液晶製造装置、ソーラーパネル関連好調 小型・短胴化、表示の見やすさ 高速処理、ネットワーク対応進む 温度機能内蔵のPLC増える

2013年10月23日

温度調節器(計)市場は、国内では半導体・液晶製造装置やソーラーパネル関連、海外では、中国を中心としたアジア地域が牽引役になって一段と上昇基調となってきている。特に海外では自動車やスマートフォンなどの生産拡大で成型機の需要が増加しており、温度調節器(計)の市場拡大につながっている。しかし、一方では海外メーカー、特に中国や韓国のローカルメーカーも攻勢を強めており、販売競争は一層激化しつつある。製品傾向は小型・短胴化と表示の見やすさ、高速処理やネットワーク対応などを重点にした開発に取り組んでいる。カスタム化などで付加価値を高めて、利益重視の取り組みも見られる一方、最近の円安傾向を背景に海外市場で中国…