分岐点

ある神奈川県内の技術士の事務所を訪ねて、まず驚いたのは住居が実験室を兼ねていることと、実際の研究成果の多さである。熱放射材料、断熱材料、メガソーラー構築、LED、太陽電池の効率向上
蓄光性・発光体などの成果物を見たが、世間の評価が少な過ぎる。埋もれた技術士に陽が差して初めて、科学創造立国といえる。

日本の技術者約250万人に対し、技術士の登録者は2009年3月時で6万8546人である。ドイツDIの約80万人、米国PEの約40万人、仏国IDの約32万人、英国CEの約20万人に比べ、日本は極端に少ない。技術士は、合格率が15%以下と超難関である。資格取得が非常に難しい。社会的な役割が大きい半面、社会的な認知度は低い。

日本技術士会では、10万人の技術士を目指し、積極的な活動を行っている。10月3日から札幌で技術士全国大会を開催する。そのあと、17日から3日間、日韓技術士国際会議が韓国で催される。この国際会議は、「未来科学技術時代における技術士の役割」がメインテーマである。女性技術士の日韓交流会も行われる。大いに期待される会議である。

企業は、グローバルで活躍できる人材を求めている。海外で活躍する機会が増えているなかで、技術者が国境を越えて自由に活動できるAPECエンジニア登録制度が用意されている。15カ国・地域が同制度を相互承認し、門戸を開いている。海外と仕事ができるコミュニケーション力、情報の収集・発信、国際的な協調性が必須であるエンジニアに、今こそ国家的な支援を行うときである。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG