日本モレックス高い拡張性とコントパフォーマンスに優れるコネクターシステム発売

日本モレックス(神奈川県大和市深見東1―5―4、GEL―265―2323、梶純一社長)は、高い拡張性とコストパフォーマンスに優れた「Impelバックプレーンコネクターシステム」=写真=を発売した。 新コネクターシステムは、システムアーキテクチャの再設計やデータセンターの既存ハードウェアを交換することなく、25から40Gbpsという、より速いデータ転送速度への移行を可能にする。 特許申請中のモレックスImpelコネクター技術は、最適な高速デジタル伝送技術に加え、機械的絶縁を可能にするディファレンシャルペア構造を有している。 また1・90ミリピッチのブロードエッジ嵌合ソリューションによって、全チャネル、および20GHzまでの周波数にわたり、高密度環境、電気的性能、低クロストーク、低挿入損失、性能バラツキの最小化を実現できる。 メッキスルーホール径は0・36ミリで、PCB製造上のアスペクト比に対応し電気性能も向上し、コネクター内部のSkewゼロ設計を採用しており、PCB配線におけるコネクター内部のSkew補正が不要になる。 主な用途は、ハブ、スイッチ、ルーターなどのテレコミュニケーション、サーバーやストレージシステムなどのデータネットワーク機器、産業機器や航空宇宙および防衛用機器などとなっている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG