配電制御システムメガソーラー普及に弾み逆潮流制限で規制緩和 電気設備の受注増に期待

メガソーラー建設の足かせになっていたバンクの逆潮流制限が5月に緩和され、さらに今月23日から配電用変電所に逆潮流が発生するケースについても接続の申し込みが可能になった。こうした一連の規制緩和により、配電系統への接続が困難な状況は大幅に解消されるため、メガソーラーの普及に弾みがつきそう。配電制御システム業界にとって、メガソーラー向け電気設備の受注増加が見込まれる。今年3月に、新エネルギー財団新エネルギー産業会議は「太陽光エネルギーの普及促進に関する提言」をまとめた。

この提言では、「固定価格買取制度の施行以降、再生可能エネルギー電力の系統一接続の円滑化については、従来になかった全量配線に係る連系方式など、着実に進んでいるものの、導入量が集中する地区においては、配電系統の制約から希望設備容量が設置できない現象も発生している」として、従来、変電所でのバンク逆潮流が認められていない制限を緩和することに対して、費用負担のあり方および技術対応をすることを要望している。

これを受けて5月31日、バンクの逆潮流を認めることとするガイドラインおよび電技の解釈の改正を行っている。

対策内容は(1)電圧を適正に管理するための装置を設置するなどの対策を行うこと(2)配電用変電所に保護装置を施設するなどの対策を行うこととなっている。

経済産業省は7月22日、バンクの逆潮流対策のための事業者費用負担についても算出基準を設け承認。翌23日から、逆潮流が発生するケースについても接続の申し込みが可能になった。11電力会社は工事費を事業者に請求できる。

こうした一連の送配電連系に関する規制緩和により、メガソーラーの普及に加速がつくものと見られる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG