配電制御システムメガソーラー普及に弾み逆潮流制限で規制緩和 電気設備の受注増に期待

2013年7月31日

メガソーラー建設の足かせになっていたバンクの逆潮流制限が5月に緩和され、さらに今月23日から配電用変電所に逆潮流が発生するケースについても接続の申し込みが可能になった。こうした一連の規制緩和により、配電系統への接続が困難な状況は大幅に解消されるため、メガソーラーの普及に弾みがつきそう。配電制御システム業界にとって、メガソーラー向け電気設備の受注増加が見込まれる。今年3月に、新エネルギー財団新エネルギー産業会議は「太陽光エネルギーの普及促進に関する提言」をまとめた。 この提言では、「固定価格買取制度の施行以降、再生可能エネルギー電力の系統一接続の円滑化については、従来になかった全量配線に係る連系…