Check !!

ケージーエス今期売上げ7%増目標次世代型点字ディスプレイなど新製品を投入

ケージーエス(埼玉県比企郡小川町小川1004、GEL0493―72―7311、榑松武男社長)は、今期(61期、6月決算)目標を前期比7%増とし、視覚障害者用機器での新製品、地震感知ストッパーの販売強化を図っている。

創業60周年だった前期(60期)は、視覚障害者用機器の販売数量に変動はなかったが、為替の影響を受け、4・8%の売り上げ減となった。今期の円安傾向は好感しているが、新製品の投入による売り上げ増を計画している。

視覚障害者用機器の点字ディスプレイ「ブレイルメモスマート」は、点字図書館にアクセスして図書を点字、音声で読め、聞けるという初めての製品。今年の11月から販売開始の予定。

また、地震感知ストッパー、固定式耐震ストッパーの引き合いも増えつつある。

ソレノイド市況は、厳しいとしながらも、ロック機構の製品に注力するとともに、ソレノイド周辺のアッセンブルまで行うことで売り上げ増を図っていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG