IDECが尼崎事業所を開設防爆器の本格生産開始

2013年7月17日

IDECが、兵庫県尼崎市に建設を進めていた尼崎事業所(兵庫県尼崎市潮江5―8―10、GEL06―6420―8171)=写真=がこのほど竣工し、7月16日から防爆機器・システムの本格生産を開始した。 同社は、防爆セミナーを全国展開するなど、防爆関連事業に注力しており、今後同事業の強化・拡大を図る。 これまで同社は、防爆機器・システムの生産を京都事業所(京都府長岡京市)で行ってきたが、老朽化していたため、新しく開設した尼崎事業所に生産拠点を移転したもの。 尼崎事業所は、投資額25億円(建物8億円、土地17億円)、敷地面積1万2800平方メートル、延べ床面積4375平方メートルで、防爆機器・システム…