光電・近接センサ各社の主力 各種の設定作業が簡単に

ジックは、光電・近接センサから計測、ロータリーエンコーダ、レーザー、バーコードリーダ、安全対策まで幅広いセンサをそろえている。

このうちロータリーエンコーダのAFS60は分解能30〓のアブソリュートタイプ、AFM60は同18〓アブソリュートシングルターンタイプで、高い精度が要求される用途に最適。筐体も30ミリ間隔のシャフトベアリングにより、ブロックボールベアリングタイプのエンコーダに比べ格段の堅牢構造になっている。

さらに、DHPC/DECスイッチ経由のIPアドレスおよびイーサネット/IPインターフェース(拡張プロファイル0×22)の内蔵と、ロータリー軸機能で各種設定作業も簡単。

さらに、デバイス・レベル・リング(DRL)機能で、ケーブルの破損時でも装置は最大限の稼働を維持できるようになっている。また、強化されたセルフモニタリングをはじめ、温度、位置、速度の最大・最小値など多くの診断機能を内蔵しており、いままでにないまったく新しいユーザビリティの高い使い方が可能になる。その他、2列5個の状態表示LEDも搭載している。
(http://www.sick.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG