光電・近接センサ各社の主力 信明電機 標準品から特注品まで対応

2013年5月15日

信明電機は、市場占有率の高いDCソレノイドのほか、光電・近接センサ、トルクセンサ、オートロックブレーカなどを製造販売している。

また、優れた開発力、生産技術力を生かし、受託開発・特注品生産にも積極的に対応している。

同社の高周波発振型センサ、オプトセンサは、検出能力、耐ノイズ性、耐環境性に優れ低価格であるため自動機械、ワーク検出、コイン選別機、自動販売機、自動ドア、印刷機、券売機、遊技機など幅広い分野で採用されている。また、特注品に対する評価も高い。

高周波発振型センサOSCシリーズは、チリやホコリに影響されず、また金属ケース封入型のためノイズにも強い。検出材質はすべての金属に対応できる。主な特徴は(1)防湿性が高い(2)負荷電流が50ミリA~200ミリAと大きく、半導体回路の直接動作が可能(3)電源電圧は5V~32Vと幅広く、機器からの電源接続が容易など。

オプトセンサOPTシリーズの主な特徴は(1)長寿命(2)検出距離の設定が自由(3)光束を遮蔽するすべての被写体を検出(4)応答速度4ミリ秒以下と速いなど。
(http://www.shinmei‐e.com)