薄型防噴流ギャラリー篠原電機が塩害対策仕様を追加

配電盤・制御盤機材メーカーの篠原電機(大阪市北区松ヶ枝町6―3、GEL06―6358―2655、篠原基一郎社長)は、キュービクルや配電盤の雨や水の浸入を防ぐ「薄型防噴流ギャラリー」に、塩害対策仕様(型番GTS―20W―ST)を追加発売した。

同社の薄型防噴流ギャラリーは、屋外に設置されるキュービクルや配電盤向けに、雨など水の浸入を防ぐとともに通気を行う通気ギャラリー(排気口)。空気は通すが、水が中に入ってこない独自の止水構造が特徴で、昨年の発売以来、好評を得ている。

樹脂製のインナーパーツを搭載し、表側(外側)からの浸水は、インナーパーツによりほぼ完全に遮断し、ギャラリー内側のフィルタに水がかからない。これにより、雨天時でもフィルタに水膜ができず換気能力を落とすことがない。

表側の開口面積は125平方センチと大きく換気性能が高い。保護等級IP45を確保しながら、奥行き寸法は16ミリと薄型で、大幅なダウンサイジングと盤内の省スペース化を実現している。

塩害対策タイプは、防塵と噴流水を保護するIP55(カテゴリー2)構造を実現。捕集効率90%の耐塩フィルタなどを採用しており、沿岸地域など塩害の影響を受けやすい環境に設置されるキュービクルや配電盤の塩害を防ぐ。

IP55構造を確保しながら、奥行き寸法は34ミリと薄型で、ダウンサイジングと省スペース化が図れる。インナーパーツ効果で、雨天時でもフィルタの換気能力を落とすことがない。前面側からフィルタのメンテナンス作業が行え、背面側には160ミリ角ファンの取り付けが可能。

材質は、外側のギャラリーとフィルタケースが塗装付きステンレス、インナーパーツが樹脂(ポリプロピレン)製。

外側ギャラリーのサイズは、250ミリ×250ミリで、既存の配電盤・キュービクルに後付けできる。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る