薄型安全用ライトカーテンパナSUNXが発売

2013年4月17日

【名古屋】パナソニックデバイスSUNXは、半導体・電子機器業界の小型装置に適した安全用ライトカーテン「Type2
ライトカーテンSF2Cシリーズ」を発売した。

新製品は、薄さ13・2ミリという超薄型ライトカーテンで、装置を小型化でき、省スペースに役立つ。

同社のType4のライトカーテンの投・受光器各12本に対し、今回の製品は各5本で接続可能で、省配線を実現した。

検出距離3メートルで投光部の有効開口角プラスマイナス5度以下を実現、同社Type4ライトカーテンに比べて範囲が2倍となり、光軸が合わせやすく簡単に取り付けできる。

また、軽量の樹脂ボディながら、保護構造IP67の耐水性を実現。

標準価格は、同社樹脂タイプエリアセンサ(非安全)に比べて約10%アップするが、アルミケースタイプType2ライトカーテンよりは約20%ダウンしており、エリアセンサの置き換えに最適。