安全対策の積み上げが必要に 安全対策機器市場広がる NECAやJCが推進「セーフティアセッサ認定制度」定着 工場内通信ネットワーク化進む

2013年3月20日

労働災害の死傷者数がここ数年、増加傾向を示している。厚生労働省が発表した2012年(1~12月)の労働災害の死傷者数(速報)も前年比2・0%増の11万4458人となり、2266人増加している。産業界全体で各種の安全対策の積み上げや労働者への教育を進めているが、減少には至っていない。製造業ではリスクアセスメントの実施などを進めた安全対策を進めており、安全の資格制度なども浸透を始めている。製造業以外でも防犯・防災や情報セキュリティ分野、介護分野、アミューズメントなどの分野でも安全対策が取られ、各種の安全対策機器の市場が拡大している。 従来、機械にかかわる労働安全対策として、過去に発生した労働災害を…