信明電機 静止型トルクセンサ 微少容量でも正確に測定

2013年2月20日

信明電機は、トルクセンサ、光電スイッチ、近接スイッチを製造販売しているが、高い検知能力を備えながらコスト対応力にも優れており、ユーザーの評価が高い。 各種センサのなかで、トルクセンサは従来のひずみゲージ方式では検出が困難である微少容量の測定を正確に検知できる。検出母材に独特の処理を施し機構的に新方式を採用することで可能にした。また、衝撃アブソーバを採用しセンサの長寿命化を実現している。 種類は、センサ部に回転力を持たせた回転微少型と回転力を持たない静止型の2方式を用意しており、微小トルクの一般測定用のほか品質管理や工程管理用にも採用されている。 回転型はDM、アンプ内蔵型DMPAの2シリーズ。…