理光産業 レベルスイッチ「MFS/RFSシリーズ」 幅広い計測ニーズに対応

2013年2月20日

理光産業は、フロート、レベルセンサーの総合メーカー。レベルスイッチの分野では、樹脂製の「MFSシリーズ」、ステンレス製の「RFSシリーズ」などを中心に幅広いラインアップをそろえている。

特に、同社のレベルスイッチは、大容量タンクから機器組み込み用まで、材質、機能、性能別に豊富な機種をそろえており、幅広いレベル計測ニーズに対応している。

特徴は、故障が少なく場所を取らないコンパクト設計。接点部は、信頼性の高いリードオフスイッチ方式を採用し、精度が高く高信頼性で長寿命である。取り付け後の調整は不要で、保守の手間がかからない。

側面取り付け式などのアプリケーション対応により、自動車などのエンジン回りのほか、外食産業用などにも需要が拡大しており、特注品やOEMにも対応している。

一方、同社のフロートは高品質で国内外で高い評価と実績を得ている。中心製品は「硬質完全独立気泡体RF―2」シリーズ。外膜を傷つけたり、穴を貫通させても比重変化を起こしたり沈んだりしない。

比重精度0・2以上なら任意に比重精度が調整・設計できる。
(http://www.riko.co.jp)