「知恵」「自助」「共助」で需要創造「ものづくりに」こそ日本復活の道

2013年1月9日

新年明けましておめでとうございます。 2013年の年頭に当たり一言ご挨拶を申し上げます。 一昨年の3月に「東日本大震災」が発生してから早くも2年の歳月が過ぎようとしておりますが、原発問題は依然として出口が見えないなど、被災地が復旧し復興するまでには未だ遠き道程が残されております。とかく、日本人は熱しやすく冷めやすいと揶揄やゆされますが、「千里同風」、即ち遠く離れていても被災地に吹いている逆境の風を忘れることなく、被災した人々が希望を捨てずに生き抜いていけるよう、復旧・復興事業を些いささかでも加速させることが強く求められております。 ところで、昨年の我が国経済を顧みますと、前半は復興関連需要など…