信明電機オートロックブレーカマイコン制御で自動復帰

信明電機は、雷対策としてオートロックブレーカを業界に先駆けて発売。工場、ホテル、店舗の設備電源、携帯電話基地局の電源、自動販売機向けに好評である。

オートロックブレーカは、落雷による誘導雷や過電流により遮断されたサーキットブレーカをマイコン制御で自動復帰させる製品で、遮断を検出してから5秒から300秒(5段階選定可能)までの一定期間をおいてブレーカを復帰させる。復帰動作は30分以内に設定回数(3回、5回)以上繰り返すと永久遮断する。復帰動作後1秒以内の再遮断を2回繰り返しても永久遮断するため、誘導雷の影響状況を把握できる。正常期間が30分を超えると復帰回数がクリアされる30分サイクルシステム機能を搭載している。

このほか(1)保守データとしてトータル復帰回数がLED表示される(2)復帰データは不揮発メモリに記憶され、電源を切ってもデータが保持される(3)サージアブソーバを内蔵し機器への誘導雷の侵入を防止するなどの特徴を備えている。

同社は開発型企業として、DCソレノイド、オプトセンサー、発信型センサー、トルクセンサー、電磁応用システムなども製造販売している。
(http://www.avis.ne.jp
/~shinmei)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG