横河電機レンジフリーコントローラFA-M3V業界最高の演算処理速度を実現

横河電機は、テクノフロンティアに、レンジフリーコントローラFA―M3V、エンベデッドマシンコントローラe―RT3をはじめ、ダイレクトドライブモータ、リニアモータなどを展示し、顧客の装置メカ性能を最大限発揮し、精度・生産性アップに貢献するソリューション、MECHATROLINK―III対応位置決めソリューション、画像処理とモーション制御を統合したアライメントソリューションなどをアピールする。

このうちFA―M3Vは、1992年に「速い、小さい、賢い」のコンセプトのPLCとして販売を開始してから、今年で20周年を迎えた。

現在のFA―M3Vは、CPUモジュールに新開発のラダープログラム演算エンジン「Vitesse
engine」を搭載し、基本命令の実行速度が3・75ナノ秒(同社従来製品比5倍)と高速で、100キロステップのプログラムを1ミリ秒で実行できる業界最高の演算処理速度を実現している。
(http://www.yokogawa.co.jp/itc)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る