11年のロボット生産額8.5%増、6000億円突破2年連続で前年上回る

2012年6月6日

日本ロボット工業会は、2011年(1~12月)の会員と非会員の「マニピュレータ、ロボットの統計生産・出荷実績」をまとめた。 これによると、11年の生産額は、前年比8・5%増の6044億円と2年連続で前年を上回った。自動車産業向けは好調であったが、電気機械産業向けが伸び悩み、海外市場も欧米向けが伸長したのに対し、中国を中心としたアジア向けが減速した。12年7・5%増の6500億円の見通しを立てている。 一方、出荷は7・5%増の5989億円とこれも2年連続で前年を上回った。国内は12・5%増の1679億円、輸出は5・7%増の4309億円でいずれも2年連続の増加。 国内は自動車産業向けが26・2%増…