分岐点

2012年4月25日

科学技術週間の最終日に、自営業者、研究者、経営者、マーケティング担当者、営業担当者などいつも10人前後のメンバーが思いつきの議題を持ち寄って集まる会が10年以上続いている。会は各人が主役で、勝手な持論を吹聴し合い、話の内容が四方に飛ぶ。今回は研究費も話題に上った。 研究者の彼曰く「外との交流が少ない。すべて自社で研究する時代ではない」と。「そんなことはない。総務省の統計では、平成22年度化学技術研究費は17兆1100億円あった。そのうち外部企業や大学などに11・7%の1兆9972億円を支出している」とiPhone氏から横やりが入る。「他国はどのくらいだ」とノートパソコン氏が参加する。 日本は2…