グリーンステーションオムロンが運用開始

オムロンは、郵船商事(東京都港区、井川元雄社長)の子会社であるヒカワ石油(東京都港区)が経営する伊東シーサイド給油所で、グリーンステーションの運用を開始した。

グリーンステーションは、太陽光パネル、LED照明などの温暖化対策設備を導入し、EMS(エネルギーマネジメントシステム)を用いて電力使用量やCO2排出量を制御し、その効果検証を行うもの。

運用開始した設備は、太陽光発電システム(4・95kW)、蓄電池(リチウムイオン電池)、LED照明、EMSを組み合わせたもので、太陽光発電システムの発電量は約5400kWh/年で、給油所での年間使用電力量の約8%に相当する。

また、照明のLED化や蓄電池によるピークカットの効果も合わせると、全体で約25%の節電効果を見込んでいる。

夜間電力を蓄電池にため、それを日常的に昼間の電力ピークカット時での使用や、災害停電時には太陽光発電からの電力を蓄電池経由で給油設備の電源などに使用できる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG