災害対策製品を拡大セフティデンキが卸販売開始

2012年4月18日

セフティデンキ(東京都中野区松が丘2―33―17、TEL03―3950―3134、高橋信房社長)は、災害対策製品の取り扱いを一挙に拡大し卸販売を開始した。 工場や事業所、家庭用の発電機、放射線モニター、保存食、携帯型水洗トイレ、照明器具、デマンド電力監視システムなど幅広い製品を揃え、流通商社の新商材として提供する。 同社は今年度経営方針に「3・11を忘れるな」を掲げ、災害対策製品の市場調査、製品発掘を行ってきた。 これまで多くの製品情報を集め社内で実験実証した結果、手軽に購入し地震災害時の備えに役立つ製品、節電対策製品を選定し災害対策製品専用のカタログを制作、営業活動を始めた。 発電機類はイン…