徘徊通知用途に最適竹中がアクセスコール受信機発売

2012年3月14日

竹中エンジニアリング(京都市山科区東野五条通外環西入83―1、TEL075―594―7211、穂積正彦社長)は、人の動きセンサーを内蔵したAND型のアクセスコール受信機「AC―8HM」を発売した。 AC―8HMは、同社のアクセスコール受信機AC―8Rに、人の動きセンサー機能を加えたAND型受信機。同社のアクセスコール送信機シリーズと組み合わせて使用でき、徘徊お知らせ用途などに応用できる。 人の動きを検知するパッシブインフラレッド方式を採用。送信機が発信する電波を受信し、かつ人がセンサーエリアに入ると、無電圧a接点およびデータ出力する。 システム拡張用データ出力機能を内蔵しており、使用電波は微弱…