住宅用創蓄連携システムパナソニック・エコソリューションズが開発

2012年3月14日

パナソニック・エコソリューションズ社(大阪府門真市大字門真1048、TEL06―6908―1131、長榮周作社長)は、新しく開発したパワーステーションにより、太陽電池とリチウムイオン蓄電池を連携させ、停電時や平常時でも電力を有効活用できる「住宅用創蓄連携システム」を開発した。 東日本大震災以降、蓄電池利用や系統電力の負担軽減、太陽光発電などによる自給自足への関心が高まっているが、蓄電池システムは停電時に蓄えた電気を使い切ると再充電できず、太陽光発電システムは夜間の利用ができない上、日中でも天候により供給が不安定になる場合がある。同社が開発した住宅用創蓄連携システムは、太陽電池と4・65kWhリ…