安全プログラムの標準化PLCopen 技術仕様書 Safety Software

2.4.PLCopenファンクションブロックの説明

<SF_ModeSelector>

SF_ModeSelectorは、異なる安全関連オペレーションモードを区別する最大8つのポジションがあるモードセレクタスイッチを扱います。このFBは基本的に、1つのモードだけが事前に選択され、そのスイッチを監視します。

ポジションの信号が何らかの理由で確定的でないなら(例えば、2点以上のSAFEBOOLの入力ビットは、MonitoringTimeよりも長い時間でHIGHになる場合)、出力はフェールセーフの状態値(モード選択なし)に設定されます。

制御ビットによっては、出力信号は、すぐにアクティブになるか、または、追加の最も早い入力によって確認されなければなりません。

注:ほとんどのアプリケーションは2つの安全関連のオペレーションモードを区別するだけです。機械が自動モードか、または機械が追加機能の安全性を必要とするモードかのいずれかです。

通常、このFBの後に更なるファンクションブロックが続きます。

<SF_EmergencyStop>

このファンクションブロックは、アプリケーションのための非常停止状態を扱い、再開禁止を確実にします。

非常停止ボタンが解除されるまでは機械は再開できません。リセット信号はユーザによって与えられます。

通常、このFBの出力は直接、アクチュエータに結合されないが、後に続く他のファンクションブロック、例えば、停止カテゴリ0、1、2に従って、機器停止を開始するためのファンクションブロックの出力がアクチュエータに結合されます。

<SF_SafeStop1>

停止カテゴリ1に従って、この機能ブロックは、駆動方式の停止を開始し、監視します。

何らかの理由でドライブが要求された安全機能を確認しないなら(例えば監視時間の経過)、FBの出力には故障状態の値が設定され、エラービットが立てられます。ドライブへの通信が中断されたか、またはドライブの内部エラーが発生したかにより、ドライブシステムが独立しフェールセーフの応答を実行すると想定できます。

問題が解決され、リセット信号が開始された後にFBを再開できます。

通常、このFBは処理入力レベルに直接リンクされません。

ほとんどの場合、このFBはSF_EmergencyStop

FBに続きます。

注:このFBは停止機能を実行しません。機能自体は、ドライブシステムの中でカプセル化される必要があります。停止を開始するか、または信号の応答を認識するかの信号は、隠蔽されたシステムレベルのインタフェースを通して交換されます。

詳細に関しては、3.3安全なドライブの使用のための情報(隠蔽されたシステムレベルのインタフェースを用いて)を参照することとします。

<SF_SafeStop2>

このファンクションブロックは、停止カテゴリ2に従って、ドライブシステムの停止を開始し、監視します。

何らかの理由でドライブが要求された安全機能を確認しないなら(例えば監視時間の経過)、FBの出力には故障状態の値が設定され、エラービットが立てられます。ドライブへの通信が中断されたか、またはドライブの内部エラーが発生したかにより、ドライブシステムが独立したフェールセーフの応答を実行すると想定できます。

問題が解決され、リセット信号が開始された後にFBを再開できます。

通常、このFBは処理の入力レベルに直接リンクされません。

ほとんどの場合、このFBはSF_EmergencyStop

FBに続きます。

注:このFBは停止機能を実行しません。機能自体は、ドライブシステムの中でカプセル化される必要があります。停止を開始するか、または信号の応答を認識するかの信号は、隠蔽されたシステムレベルのインタフェースを通して交換されます。詳細に関しては、3.3安全なドライブの使用のための情報(隠蔽されたシステムレベルのインタフェースを用いて)を参照することとします。

<SF_ESPE>

このファンクションブロックは、アプリケーションのために、ESPE(電気的検知保護設備、例えばライトカーテン)の出力信号スイッチング装置(OSSD)を扱い、再開禁止を確実にします。

機器は、ESPEが侵入され、リセット信号がユーザによって与えられるまで、再開できません。

通常、このFBの出力は直接アクチュエータに結合されませんが、後に他のファンクションブロック、例えば停止カテゴリ0、1、2に従って、機器停止を開始するためのファンクションブロック、が続きます。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG