ケイテック ステンレススチールタイ 本格販売開始 屋外や地中、水中でも使える

ケイテック(大阪市淀川区東三国6―19―35、TEL06―6398―5711、仲村一實社長)は、昨年からサンプル出荷をしてきた機械的強度や耐候性に優れるステンレススチールタイ「KSTシリーズ」の本格販売を開始した。

KSTシリーズは、同社が従来から取引のあった圧着端子の世界的トップメーカー、台湾の「K・S・TERMINALS社」(健和興端子、KST)の製品で、ケイテックがKST社の日本総発売元となる。

ステンレススチールタイは、機械的強度や耐薬品性、耐熱性、紫外線など耐候性に優れることから、屋内や屋外使用はもちろん、航空機や船舶、車両、さらに建設業界など、地中埋設や海中など厳しい環境での使用に適しており、最近急速に需要が拡大している。

KSTシリーズは、材質に「316ステンレス」、「304ステンレス」の2種類のステンレスを使用。316ステンレスはモリブデン添加により優れた耐食性を有している。304ステンレスはクロム、ニッケルなどを含有、特に機械的強度や耐熱性、紫外線などの耐候性、耐食性、溶接性に優れ、多くの分野で使用されている。このように優れた特徴から、従来のナイロン製バンドでは使用が難しかった屋外や地中、水中など過酷な環境でも使用できる。

同社では、サンプル出荷により、現地での技術指導や製品の最終チェックが完了し、製品カタログの製作、製品の各種性能試験の成績表の用意などが整い、本格販売を始めたもの。産業用、工業用のほか、航空機や船舶、車両、建設業界など幅広い分野に向け販売を行っていく。

今後は、リリースが可能で反復使用できるタイプなどで自社製品を開発する予定で、同ブランドにオリジナルシリーズとして追加発売し、品ぞろえの充実を図る。

なお、同シリーズの標準タイプとして、長さは150~1200ミリ、幅は4・5~12ミリ、ラダータイプ、ポールロックタイプ、仮止めタイプ、ラチェットタイプ、樹脂コーティングタイプなどがある。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る