分岐点

知人がボランティアでカンナを全国に広めている。広島、長崎の小学校の校庭で子供たちと一緒に株を植えている。その株が1年後に花を咲かせる。成長した株を分割し、また別の土地に出かけて植えつける。今年は、東日本大震災で被災した県にまで足を伸ばしている。

彼女の話では、広島に原爆が投下されて38日目に真っ先に咲いたのがカンナだったそうだ。被爆地の人々はその花を見て、生きる勇気を取り戻したと聞き、「カンナを平和のバトンに、世界中の人の心に平和の花を咲かせよう」と決心した。カンナの花言葉「堅実な未来、情熱、永続」そのままに。

ある会社の経営者は「我々製造業が被災地の復旧復興に協力できるのは、良い物を安く早く納めること」と、制御機器の納品遅延で復旧を少しでも遅らせてはならないと決意した。部品不足の状況下、最優先の供給体制で取り組んだ。地域や工場の復興に、配電・制御技術が必要とされている。

欧米の金融不安を引き摺り、円高、新興国の経済成長鈍化の中で新年を迎える。ただ確実に言えることは、景気云々よりも、大震災復興を遂げなければいけない。業界は堅実な未来のために、国内にも目を向ける1年になる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG