中人規模産業向け太陽光発電用のパワーコンディショナ安川が販売開始

2011年11月30日

安川電機は、太陽光発電用パワーコンディショナとして、中大規模産業用途向けに400V3相100kWの「Enewell―SOL」=写真=を販売開始した。価格は1500万円で、2012年度250台の販売を計画。 同社は昨年、「創エネルギー」分野の第一弾として、太陽光発電用パワーコンディショナ「PV1000」を開発、産業用として最も需要のある10kWクラスの販売を開始している。今回は工場の屋根などに設置する中容量から、ソーラー発電所用途など、1000kWを超える大容量メガソーラーの事例も増えつつあることから、こうした中大容量に対応する機種を開発した。 入力電圧範囲をDC250V~600Vと幅広い範囲で…