混沌時代の販売情報力 双方向コミュニケーションへ相手の仕事を話題に

2011年11月30日

人は本来、誰かとしゃべりたいのである。しゃべる相手が少なくなってくるとテレビに向かって話しかけるようになる。頭に浮かんだ情景とひとり言をするようになる。これらのことは一般的に年齢が高くなると起こる現象のように言われているが、年齢とは関係ない。年齢が高くなってくると無駄話をする相手が減ってくるため起こるのであって、それほど年齢が高くなくとも、人との接触の少ない人は往々にして、何かに話しかけたくなるのである。集まって社会を構成する。社会生活を営むうえで人と人とが互いの気持ちや考え方を伝えるコミュニケーションを欠かすことはできない。 子供の頃は誰彼なしに遊び、遊びのためにコミュニケーションをとってい…