躍進するFA・制御機器流通商社 因幡電器産業トータルソリューション展開商社・メーカー・開発3機能を併せ持つ

因幡電機産業は商社機能、メーカー機能、開発機能の3つの機能を併せ持ち、システム提案から開発・設計、カスタマイズ、サポートまでをトータルソリューションとして提供している。

電子分野では専門のSE部隊を配し、輸入製品からシステム提案まで様々なソリューションを展開。また、ユーザーの要望に応えるため社内・国内外の協力会社と連携し、品質管理・保守・サポート体制を整えている。

FA分野では、情報レベルから制御・デバイスレベルまでシステム構築が可能。特にPCビジョンシステムは、検査ソリューションとして着々と実績を挙げており、現場密着の強みを生かしたFEMS(生産管理・品質管理・省エネ管理)の構築へつなげている。

さらに同社が推進するワンストップソリューション展開では、FA分野から新規市場を狙う事業展開を行っており、デジタルサイネージ関連や、高機能・省電力のPOSターミナル、タブレットPCなどが店舗や飲食店関連など、ノンFA分野で伸長している。

一方、需要が高まっている環境システム関連では、高い安全性と急速充電を実現した業務用・家庭用リチウムイオン蓄電池や、エネルギーモニタリングシステム「エムグラファー」などHEMS分野にも注力している。

海外展開では、上海に進出して半年が経過、人員の増強を含めた営業体制の強化を図っており、日系企業やローカル企業へのフォローを加速させている。
(http://www.e‐inaba.ne.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG