分岐点

官庁の文章には行間の含みが多く、難解である。経済産業省が今月発表した地域経済産業調査結果は「地域の景況は、持ち直しの動きが見られる」と安心させつつ「為替動向、電力供給制約、海外景気動向など、先行きには景気が下振れするリスクがある」と添えることも忘れない。

今後どう景気が転んでも当たる書き方は、さすが。そして、景況判断の「矢印」は全国10地域全てが斜め上を向いている。前回の6月時点の矢印は全て斜め下向きであった。このV字は、大震災後いつまでも俯いていないで上を向こう、増税環境も整った、とも読める。

FA駆動・制御業界の実態は、4~6月は業績矢印が上向き、7月以降、生産拠点の再編成に伴う需要が一部にあるものの、斜め下向きである。内需の減少はもとよりEU、中国、韓国、台湾向け輸出も減少している。経済産業省の調査結果と異なり、逆の動きである。

「暗」の後に「明」が出る。漁船向け配電盤、制御装置、電動機、照明などの受注が急増しているという。全国湾岸沿いの再整備、海岸沿いの生産移転などの投資が始まり出した。新たな列島改造構想が具現化すれば、内需の矢印が上向き、FA業界も恩恵を受ける。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG