東研が「少ない費用で大きな業務改善」を提案「バーコード在庫管理システム」「モバイル型賞味期限OCRチェッカー」 バーコード在庫管理システムPDA導入のみで業務を効率化

2011年8月31日

バーコードでの在庫管理が普及しているものの、小規模の物流現場ではまだまだ伝票や台帳を使用しているのが現状である。このような少品種・少量の在庫管理に高額な費用をかけられない、知識もないという理由からであるが、誰でも簡単に操作できるデータベース内蔵PDAを利用した「安価な在庫管理システム」の構築を東研が提案している。物流に人手をかけるのが当たり前になっている中小企業でも在庫管理を合理化しキャッシュフローを増やす対策に迫られており、パッケージ価格は18万円からで、2台目以降は1万5000円と手数料並みの価格で追加が可能となっており、PDAハンディターミナルのみのシステムは導入コストが安く注目を集めて…