ボックス・ラック主要各社の重点製品 東洋技研ボックスターミナル「BOXTMシリーズ」用途毎に最適な機種選定

東洋技研は、ボックスターミナルで「BOXTMシリーズ」を始め「BOXTBシリーズ」、「BOXTC」シリーズを発売しているが、豊富なバリエーションの中から用途に最適な製品が選定できるため、工作機械制御、開閉装置、配電盤、計装関係のケーブル接続箱として好評である。

BOXTMシリーズは、端子台搭載タイプ、端子台なしタイプがあり、保護構造もIP67、同65を用意している。また、蓋も高い、低い、透明、不透明をそろえており、いろいろな組み合わせが可能である。穴明けタイプの種類も豊富で、BOX単品での使用もできる。

使用樹脂は耐油性、耐薬品性に優れるPTBを採用している。

端子台搭載タイプは、端子台1段6極、2段11極、2段11極2個の3種類を用意。端子台は着脱可能となっており、便利で使い勝手が良い。

端子台は1ねじ1端子でバネアップ機構を採用し、しかも従来品に比べ約25%の省スペースである。DIN35ミリレール取り付けもできる。

端子台なしタイプも、使用者が任意で端子台などを搭載できる。
(http://www.togi.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG