日本能率協会「GOOD FACTORY賞」が決定ものづくり活性化へ会津オリンパスなど5社受賞

日本能率協会(JMA)では、製造業における生産性や品質の向上、改善活動で成果をあげた日本企業の工場を表彰する「GOOD
FACTORY賞」を創設、第1回の受賞企業5社を決定した。受賞したのは、会津オリンパス(日本)、東芝情報機器フィリピン社(フィリピン)、トヨタ自動車(タイ)、富士ゼロックス(中国)、ヤマハ(インドネシア)の5社。

今回の取り組みでは、10社の応募から、JMAが組織するGOOD
FACTORY賞審査委員会(委員長=電機通信大学情報理工学研究科・新誠一教授)の書類・現地審査を経て決定した。ものづくりに関する成功事例として、審査した新委員長は、「現地人の育成」「リーダーシップ」「現地の整備」「働く喜び」「安心・安全への取り組み」の5点をあげ、生産管理などの施設面の充実だけではなく、人材育成に注力したことが高い評価となった、としている。

JMAでは、日本製造業のものづくり力強化を支援する取り組みのひとつとしてGOOD
FACTORY賞を今年1月に創設。アジア地域における工場の生産性向上、品質向上など体質革新活動に取り組んでいる事例に着目し、そのプロセスや成功要因、現場の知恵、働く人々の意識改革、社会貢献などの内容を日本製造業の規範として顕彰するもの。

なお、現地代表を招いての表彰式は10月27日、東京港区の芝パークホテルで行い、翌28日に受賞各社の事例発表会を行う予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG