ズームアップ!技術派企業 関西電機工業強電と弱電の技術を融合注目集める「充放電制御システム」

【大阪】持ち前の強電技術に加え、最先端のエレクトロニクス(弱電)技術を組み合わせ、新技術への開発と融合にチャレンジしているのが、「ものづくりの町」大阪府東大阪市に本拠を置く、関西電機工業である。

同社は1946年、配分電盤・キュービクルの専門メーカーとして操業を開始。官公庁から民間まで幅広い納入実績を挙げている。

最近では、豊富な実績をデータベース化し、設計や積算などにおける自動化/半自動化を実現。これにより、低コストで迅速な対処を可能としている。さらに、品質水準を保持・向上させる製造ノウハウにより、複雑な顧客ニーズにも対応。

同社の中心事業は、太陽光発電事業、充放電システム、エネルギー監視システムなどがある。

太陽光発電事業では、太陽光発電の余剰電力を蓄電し、事業所の電力使用量を節約する「充放電制御システム」が注目を集めている。太陽光発電で得られた電気をバッテリーに蓄電し、必要な電力を放電するようにコントロールするシステム。

充放電制御装置により太陽電池の性能を損なうことを抑え、リサイクルバッテリーを使用した安価なシステムで、昼間の最大需要電力をカットすることで、電気料金のコストダウンが図れる。

さらに、曇りの日や夜間にバッテリーの電気を有効活用することができる上、天候に左右されず安定電力を供給できる。

同システムのほかに、太陽電池モジュールから発電した直流電力を集約し、パワーコンディショナへ一括供給するPV接続箱、直流集合箱、パワコンから出力される交流電力を集約し、系統連携用キュービクルへ一括供給する交流集合箱などをラインアップ、トータルな太陽光発電システムとして提案を行っている。

また、エネルギー監視システムは、計測器の取り付けなどの作業から、システムのソフト開発までトータルで担当。低コストでのエネルギー監視システム構築が可能。

寺田哲也社長は「当社は、チャレンジ精神と、ものづくりへの探求心を併せ持っており、さらなる技術の発展、効率化を目指し、プロフェッショナル、スペシャリストとして社会の発展に貢献していきたい」としている。
【関西電機工業のプロフィル】

▽創業=1946年、設立=1979年▽本社=大阪府東大阪市新喜多1―6―30、TEL06―6788―0111▽社長=寺田哲也▽事業内容=配分電盤、制御盤、監視盤、太陽光発電システム、受配電システムの設計製作、電気工事業。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG