自動化ラインを止めない高性能2次元コードリーダを東研が開発 コード読み取りエラー“ゼロ” イーサネット経由で現場の印字状態を常時監視 読み取りNGを出さない

2011年6月22日

新開発の『RTM(RealTimeMonitor)ツール』による運用サポートが、突然発生する読み取りNGを事前に警告する画期的な仕組み。印字状態を常時監視し予知予防するので、読み取りエラーで稼働率と歩留り率を悪化させない。 従来では、読み取りエラーが発生すると、生産ラインを止め原因調査、製品廃棄、対策・改善を講じ、その後で運転再開となるため損失金額は膨大である。 同社の運用サポート機能は生産ラインが稼働したままで印字品質アラーム、原因調査、印字品質の改善対策が取れる。 しかも、事務所のパソコンで印字クオリティが常時監視できる。時間の経過と符合した印字状態が画面にグラフで表示されるので、だれでも…