JEMA「安全PLCを用いた機械。設備の安全回路事例集」作成安全基準計算のガイドとして最適

日本電機工業会(JEMA)のSafety
PLCワーキンググループでは、PLC(プログラマブルコントローラ)のユーザ向けに安全PLCの使い方や配線例及びパフォーマンスレベル(PL)の計算方法などを紹介した「安全PLCを用いた機械・設備の安全回路事例集」を作成した。同書では、安全PLCをどのように使用すればよいのか、安全PLCや周辺回路についてPLをどのように計算すればよいのかなどが、具体的な配線例を用いた安全回路事例集の形式でまとめられている。

生産機械や設備の欧州への輸出には、国際安全規格ISO13849―1:2006に基づいた安全基準に適合する必要があるが、12年1月からは、安全基準のPL値の使用が強制化される。個々の機械や設備についてPL値を算出するには、ハードウェア及びソフトウェアの安全制御について熟知する必要があり、これまで、この安全規格に準拠した形での実用的な解説書がなかった。

作成にあたっては、機械・設備メーカ工業会、第三者認証機関、機器メーカ工業会などが協力してのオールジャパンとして取り組んだ。JEMAでは、国際安全規格を主導するために国際電気標準会議(IEC)などへエキスパートを派遣しており、これからも日本発の国際標準化に取り組んでいく方針。なお、内容はインターネット上で公開している。(http://www.jema‐net.or.jp/Japanese/pis/safetyplc.html)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG