東芝車載用インバーター供給フォードのHEVとPHEV向け

東芝は、米・フォード社が2012年から量産を開始するHEV(ハイブリッド自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド自動車)向けに車載用インバーターを供給する。

これに対応するために、2010年度から三重工場に車載向けインバーターの生産ラインの構築を進めてきたが、このほど完成した。生産能力は年間15万台。

今後、製造設備の調整や、自動車メーカーの認定手続きなどを経て、12年4月から供給開始の予定。

東芝は昨年6月にフォード社のHEV、PHEV向けに駆動用モーターを12年から提供することで契約を締結しており、車載用インバーターは、このモーターとセットで納入することになる。地球温暖化防止から、HEV、PHEV、EV(電気自動車)など環境車両に対する関心が高まっており、環境車両向けのインバーター市場も、10年度の約1800億円から20年度には約1兆5000億円に成長することが見込まれている。

東芝は自動車関連事業の海外展開を加速し、鉄道車両事業を含めたモーターやインバーター、二次電池のパワーエレクトロニクス関連事業で15年度までに売上高8000億円を目指す。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG