菅野電機研究所国内外の電圧差異を解消オートトランスシリーズ追加

電源トランス専門メーカーの菅野電機研究所(東京都品川区南大井5―8―10、TEL03―3763―6701、菅野義永社長)は、機械・装置、医療機器などのグローバル化に伴う電源電圧変換の必要性に対応、国内・海外の電圧差異を解消するのに便利な「電源電圧変換用オートトランスシリーズ」=写真=に新型を追加し製品陣容を強化した。

現在、国内の電源電圧は100Vが一般的なのに対し、海外ではほとんどが200V仕様になっている。そのため、国内の製品を海外で使用する場合、昇圧する必要がある。また、海外製品を国内で使用するときは降圧している。この電圧変換にトランスが重宝がられている。

同社では、電源電圧変換用オートトランスとして簡易エコノミータイプのSU(110~120V↓100V)、同SE(220~240V↓100V)、ケース入りデラックスタイプAU(110~120V↓100V)、同AE(220~240V↓100V)、同BU(100V↓110~120V)、同BE(100V↓220~240V)の各シリーズをそろえているが、さらに簡易エコノミータイプJEシリーズ(100V↓220~240V)を発売し、製品陣容を強化。

JEシリーズは、国内の100V電源で220~240V機器を使用できる。JISC6436準拠、特定電気用品安全法の認定を受けている。また、自動復帰型保護装置を内蔵しており安全性が高い。

同社では、「人、物の国際交流が活発化する時代であり、電源電圧変換用オートトランスの需要は増える」と見て、強化に取り組む方針である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG