2011電設工業展主要各社の出展製品 タムラセーフティシステムズPC制御箱「CABシリーズ」耐衝撃に優れた高気密防塵構造

タムラセーフティシステムズは、FIBOX社製制御箱「CABシリーズ」を好評発売中である。

CABシリーズは、防弾ガラスや安全ヘルメットなどに使用されているポリカーボネート(PC)製。PCは耐衝撃性に優れ、弾性強度が高く変形しにくいのが特徴。

特に、CABシリーズは高気密で防塵構造維持が容易である。

鋼板製制御箱は、衝撃などにより変形した場合、元に戻らず、火山噴火による火山灰や地震などによる埃、台風や水害、津波による塩害や水の浸入が可能で接触不良や漏電事故の原因となる。

同社は「防災には制御箱も本質安全構造が基本」としており、CABシリーズはこうした災害による故障源を防止する制御箱として好評となっており需要が拡大している。

IP65の保護構造のほか、機器取り付け用中板の代わりにDINレールフレームを使用、組立工数の短縮を図っている。また、斬新なデザインの内部パネルは部外者による誤操作を防止、安全向上が図られている。
(参上参加)
(http://tamura‐safety.com)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG