長谷川電機工業電圧・電流を検査EV用検電チェッカ発売

検電器・継電器メーカーの長谷川電機工業(兵庫県尼崎市潮江5―6―20、TEL06―6429―6144、吉田修社長)は、電気自動車(EV)用検電チェッカ「EVvolcheck(ボルチェック)」(型式HEV―750D)=写真=を発売した。標準価格7800円。

ボルチェックは、増加するハイブリッド車やEVなどに搭載された動力系(高電圧)、及び制御系(低電圧)の電圧判別機能を有しており、車体やシャーシへの漏電が簡単に検出できる検電チェッカ。使用電圧範囲はDC12V~DC750V。

メンテナンス時のバッテリーシステム遮断後の電圧の有無を確認し、バッテリー電圧の判別を表示する。12V・24Vの制御用バッテリーは「Low表示」、35V以上の動力用バッテリーは「High表示」する。

車体・シャーシへの漏電状況が判別でき、漏電がある場合、発光(High/Low)及びブザーが鳴る。漏電注意の場合、Lowを発光する。漏電がない場合は、発光・ブザー音ともにない。

本体は小型・軽量で、リード線(接地線)が本体に巻き取り収納でき、かさ張らずポケットに入れて携行できる。また、検知部の保護カバーをスライドさせることができ、チェック時の短絡防止及び収納時の先端保護ができる。特許・意匠出願中。

ハイブリッド自動車、EVは電圧の低いもので100V、高いもので360Vと高電圧で、メンテナンス時や事故時の漏電が問題となっており、安全面などから消防レスキュー隊などから専用検電チェッカの商品化が望まれていた。同社では当面、自動車整備工場や消防レスキュー隊、警察などへ販売を行い、年間5000台の販売を目指す。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG