産業用トランス主要各社の重点製品 雷サージ確実に防御「耐雷トランスSG11シリーズ」豊澄電源機器

電源トランス大手の豊澄電源機器は、いち早く鉛フリー、RoHS指令対応など環境保護に積極的に取り組むなど品質・性能にこだわりを持っており、EN規格適合品製造のライセンス保持工場から生産されるトランスは高品質・高信頼でしかも標準品の即納体制を敷いており、顧客から高い評価を得ている。

現在、UL規格品、CEマーキング適合品、JIS規格準拠品など豊富な電源トランスのほかノイズ防止トランス、耐雷トランス、医療用トランス、さらに特殊仕様品を製造販売している。

耐雷トランスSG11シリーズは、衝撃波絶縁強度30kV(1・2/50μS)で、サージ移行率マイナス50dB以下の性能を確保している。また、感電防止対策にも十分に配慮し安全な端子カバーを標準装備。さらに、サージ防護デバイスはメンテナンスを容易にする確認ランプ付きである。こうした特徴を備えているため、雷サージから確実に電子機器を保護でき、産業用ロボットの制御盤、セキュリティシステムの電源盤、通信中継基地局の電源盤、交通システムの電源盤などに多く採用されている。

機種は単相・入出力電圧100V・容量500VA~5kVAまでそろっている。静電シールド付き。
(http://www.toyozumi.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG