震災特需でフル生産継続電源中心に納期逼迫

2011年5月18日

東日本大震災により部品メーカーの工場が被災したことで、7月以降のFA・制御機器の生産動向が気になるところだが、一方では被災地の東北地方を中心に特需も現れてきた。特に電源装置やUPS(無停電電源装置)関連、トランス関連では、専業メーカーが土日の休みを返上して生産に追われている。 東日本大震災から2カ月が経過し、電子部品メーカーの生産も徐々に元に戻りつつあるが、依然として半導体やコンデンサ、コネクタ類は逼迫状況が続いている。 特に、マイコンやシステムLSIの大手であるルネサスエレクトロニクスの生産工場は本格稼働に至っておらず、情報も錯綜していることから、関連の商社では他社からの購入も進めている。 …