Check !!

オムロンソフトウェアAndroid版名刺リーダーアプリ発売

オムロンソフトウェア(京都市下京区塩小路通堀川東入、TEL075―352―7400、細井俊夫社長)は、Android上で動作する名刺リーダーアプリケーション「Bizcaroid(ビズカロイド)」をAndroid
Marketで販売開始した。マーケット提供価格は500円(機能拡張アドオンアプリは別費用)。

Bizcaroidは、同社が昨年9月からAndroid
Marketに提供している無償版「Bizcaroid
Lite」と同じく、組み込み機器上でもストレスなく動作する多言語OCRエンジン「モバイルOmCR」の技術を使い、カメラで撮影した名刺データを名刺情報(文字列)に変換するシステム。ユーザーが撮影した名刺をOCR認識し、名刺情報に変換。

読み取った名刺情報を、端末のアドレス帳に登録する。格納場所は本体のほか、Gmailアカウントやキャリアアカウントの指定が可能。

撮影した画像に名刺タグを付与し、EvernoteサーバへアップロードできるEvernote連携機能や、ほかのアプリケーションからBizcaroidの機能を使うことができるアプリケーション連携機能、アプリケーションの機能を拡張するアドオン機能などを備えている。

動作環境はAndroid2・1以上が動作するカメラ付き携帯電話。デザインは5種類でユーザーの好みに応じて変更できる。

現在、認識できる言語は日本語と英語のみだが、将来的に多言語対応も視野に入れている。

同社は、今後もBizcaroidのようなAndroidアプリケーションを提供していく予定で、名刺のみではなく、OCRを使ったソリューションにも積極的に取り組んでいく方針である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG