タイマー・タイムスイッチスナオ電気の歩み専門メーカーとして45周年

2011年3月30日

スナオ電気はタイマー・タイムスイッチの専門メーカー(浜松市東区下石田町1495、TEL053―421―2281、和泉三雄社長)として、今年3月に設立45周年を迎えた。変化の激しい中で、企業が約半世紀を生き抜くのは容易なことではない。環境への対応力、独自の技術力と応用力、堅実性などが長寿企業の条件といわれているが、同社の和泉三雄社長は「もっとも大切なのは『革新』の心構えと3方(会社・取引先・社会)の『信頼』の醸成ではなかろうか」と語る。今回、“専門メーカーとして45年間"の同社の歩みと展望を3回に渡って連載し、専門メーカーの強みの秘訣を探ってみた。 ―会社設立の経緯を聞かせてください。 和泉社長…