制御応答速度を6倍に向上 富士電機システムズ各種安全規格にも対応高性能ベクトル制御形インバータ発売

富士電機システムズは、高性能ベクトル制御形インバータ「FRENIC―VGシリーズ」=写真=の販売を開始した。標準価格は3相200V7・5kWで50万円。2011年度10億円、12年度40億円の売り上げを計画。

新製品は、制御応答速度を同社従来品比6倍の600Hzに向上させるとともに、トルク制御精度プラスマイナス3%、速度制御精度プラスマイナス0・005%などを実現し、より高精度できめ細かな制御が求められるプラント・設備分野用途などで、一層生産効率を高めることに繋がる。また、各種安全規格にも対応しておりインバータ本体のEN端子によるISO13849―1とオプションカードによる機能安全IEC61508SIL2に適合している。

さらに、オプションカードも、高速同期通信(E―SX)、PGインタフェースカード、機能安全カードなど多彩にそろっている。

そのほか、内蔵のAPCによる位置制御、パルス列・オリエンテーションなどのサーボ機能も搭載。機種は3相200V0・75~90kWで16機種、3相400V3・7~630kWで24機種の計40機種が完備。外形寸法は、7・5kWタイプで205W×300H×245Lミリ。主な用途は、鉄鋼プロセスラインなどの各種プラント設備、大型クレーンや上下搬送システムなどの搬送機械分野、高速応答性が要求されるプレス機械、自動車試験装置などの一般産業機械分野。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る