生産現場に合わせ手軽に使用可能 オムロン国際安全規格対応で工数低減セーフティライトカーテン発売

オムロンは、生産現場の安全対策にフィットするセーフティライトカーテン「形F3SJ―E/B」=写真=を発売した。オープン価格。

セーフティライトカーテンは、危険源に人が近づいた際、存在を検知するために使用されるが、これまでフル機能を搭載した高機能タイプしかなく、簡単な進入存在検知のみを行う場合、導入時の工数や投資コストがかかるという課題があった。

F3SJ―E/Bシリーズは、同社のベストセラーで国際安全規格対応の高機能セーフティライトカーテン「形F3SJ―Aシリーズ」をより手軽に使用できるよう新開発したシリーズ。

F3SJ―E(EASYタイプ)は、設計・取り付け・調整にかかる工数を大幅に削減。F3SJ―B(BASICタイプ)はF3SJ―Eをベースに、複雑なアプリケーションにも対応可能な直列連結やミューティング機能を搭載。これにより、使用現場や方法により最適なセーフティライトカーテンの選択が可能となった。

特徴は、応答速度を15msに固定化。カーテンの長さや直列連結数などの条件に左右されていた取り付け位置を変更させる必要がなくなり、設計時の安全距離計算と図面の管理工数が削減できる。

ワンタッチ取り付け可能な新型取付具により、治具への取り付けを容易にするだけでなく、本体に内蔵している光軸ズレを表示する調整用LED表示灯や、本体に取り付け可能なレーザーポインタを用いることで、時間がかかる光軸調整工数を大幅に削減した。

機能をシンプルにしたことで、配線本数が削減(EASYタイプのみ)され、カーテンの取り付け全体にかかる工数を同社従来品比約2分の1に削減した。

エラー内容が、直感的に分かるようエラーの種別をLED表示灯のみでシンプルに表示。万が一のトラブル時でも復旧時間を削減する。

さらに耐ノイズ性を向上。ノイズが原因による、機械装置の不必要な停止を削減する。

F3SJ―Bは複雑なアプリケーションにも対応し、最大3セットまで直列連結が可能。コの字やL字などの複雑な取り付けにも対応する。また、電源配線もまとめてでき、省配線にも貢献する。

欧州規格、国際規格、JIS規格、北米規格に対応する。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る