工業会年頭所感2011年 市場拡大へ研究開発に注力

2011年1月5日

新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 2010年の世界経済は、各国の景気刺激策により緩やかに回復しましたが、我が国では特に中国を中心としたアジア経済の拡大や国内の緊急経済対策によるエコ政策効果などにより、GDPは3年ぶりのプラス成長となりました。 このような環境のもと、ロボット業界の10年は、国内需要の回復は鈍化傾向にあったものの、中国をはじめとしたアジア等の新興国市場の活発な需要に牽引され、生産額は年初予想を大幅に上回る5100億円が見込まれています。この数字はピーク時の約7割までの回復となるとともに、出荷の7割超を輸出に依存することになります。 11年の今年は、国内にあっては政局…