CC-Link主要各社の重点製品 指先サイズで出力タイプも発売

省配線システムのエニイワイヤは、「SENSORLINKER(センサリンカ)」ターミナルのラインナップを拡充した。

M12コネクタ接続タイプは、単3乾電池程度の大きさの1点/2点ターミナル。発売中の入力タイプに加えて出力タイプも販売開始する。防水型ターミナルで、従来のように中継ボックスを用意する必要がなく、省スペース性に優れる。

ケーブル接続タイプは、指先サイズのI/Oターミナル。ロボットアーム内など従来のI/Oターミナルが設置できなかった場所にも使用できる超小型ターミナルで、こちらも出力タイプがラインナップに加わる。

SENSORLINKERは、従来型省配線と比較しても約50%の工数削減を実現する。

これらのセンサネットワーク用ターミナルは、同社の2線式省配線「Bittyシリーズ」に接続できるが、来春には三菱電機からCC―Link用ブリッジの発売が予定されており、幅広い産業分野での採用を目指す。
(http://www.anywire.jp)

CALEXテクノロジー放射温度計

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る