セミコン・ジャパン主要各社の出展製品 横河電機レンジフリーコントローラ「FA-M3V」 基本命令3.75ナノ秒の高速処理

2010年12月1日

横河電機は、「次世代につなぐ、YOKOGAWAテストソリューション」をテーマに、メモリ・FPDドライバの次世代テストシステムを中心に、ユーザーの課題解決に貢献できるソリューションを紹介する。

展示は、次世代メモリテストソリューション、次世代FPDドライバテストソリューション、テストシステムソリューション、サービスソリューション、それに装置コントローラソリューションに分けて行う。

このうち、装置コントローラソリューションでは、「最先端のその先へ~お客様の課題を解決する高速化コントローラソリューション」と題して、新発売のレンジフリーコントローラ
FA―M3V、及びeMbedded
M@chine
Controller
e―RT3の新商品をデモで紹介する。

CPU、OSを一新し、業界トップの高速処理と高機能を実現したFA―M3Vは、CPUモジュールに、基本命令の実行速度を3・75ナノ秒(同社従来製品比5倍)と高速で、100キロステップのプログラムを1ミリ秒で実行できる業界最高の演算処理速度を実現したラダープログラムエンジンを搭載した。

プログラムや信号入出力のリフレッシュも、100マイクロ秒周期(同比2倍)で行い、位置決め指令などの時間短縮が図れる。
(http://www.yokogawa.co.jp/itc)